失ったときにわかる - 2010/01/22

ひとりごと&つぶやき




[PR]



2010年01月22日(Fri)▲ページの先頭へ
等身大の願望からチャレンジ
大きな願望を達成しようとする前に、等身大の願望からチャレンジしたほうがいいらしい。問題は心の底から、それを欲しているかどうかなんだって。現実の厳しさやトラブルに遭遇すると、そうした願望はどこかに吹き飛んでしまうから。
等身大の願望を設定すると、何から着手するべきかということも明確になるし、実現に向けての心構え・・・自信や信念も、自然に強化されるってさ。

成功したければ、潜在意識に「自信」という名の栄養分を与えるようにするといいんだって。成功している人たちは、皆、自信家で楽天家なんだとさ。「やってやれないことはない」という気持ちを持てるようにならないといけない。
でもさ、自信家だから成功したのかな?成功したから自信がついて楽天的になったんじゃないの?違うのかな。根拠のない自信でも自信満々なら成功しそうな雰囲気があるもんね。

私は自分の魂の船長であり、自分の運命の支配者なのだ。
精神科医のフロイトは、普段、私たちは顕在意識で物事を考えるが、それには限界があり、潜在意識によってその人の人格や性格が形成されるということを明らかにしました。それは、人間の心の中の大半―およそ90%は、潜在意識によって占められているからだそう。私たちは目に見えないもの、人間共通の潜在意識の力を受けながら生きているんだって。でも、だからといって、潜在意識に支配される必要はなく、むしろ、支配すべきんだんって。

あなたが潜在意識の魔力を信じ、それを使うなら、奇跡はあなたにも起こせるようになるんだって。潜在意識は誰にでも備わっていて、それは宇宙が与えた最高の力なんだって。あなたがそれを意識すれば(心から信じればという条件つきだが)、善哉意識は最高の力を発揮してくれるんだってさ。
心から信じることが私にできるかな。心からじゃないと潜在意識だから見抜かれちゃうよね。

潜在意識には、ウソや冗談は通用しない。受け入れたものは、無差別に現象として現れてしまうのだそうです。潜在意識は、その人の考え方次第で猛毒にもなれば、妙薬にもなるのだそう。だとしたら、明るい未来だけを思い描いたほうが得策ではないかっていうことだそうです。バカなくらいの楽天家っていいかもしれないですよね。何の根拠もないけど未来が明るいことを信じている人ってその通りになりそうな気がするもの。

良いことを思えば、良い現象が起こる。
悪いことを思えば、悪い現象が起こる。

潜在意識は人間の強い思い(想念)を受け入れると、それを様々な現象として引き起こす特質をそなえているらしい。だから、楽観的に楽しく愉快なことを思えば、良い現象が起こり、逆に悲観的に思い悩めば、不幸な現象が起こるのだそうだ。
「自分の身に降りかかってくる現象は、自分自身の心の産物である」という認識のもと、日頃の思いをいつも明るくプラス・イメージに保つことが重要なんだって。

人生とは、その人が一日中考えていることである・・・なるほど。
その人の日常生活の喜怒哀楽から生じる想念のすべてを差すそうです。したがって、一時的なプラス思考以外の時間、その人が何を考え、どのように行動したかも、ポジティブ・シンキングに大きく関わってくるのだそうです。
楽しい気持ちで、願望を強く念じるという行為がポジティブ・シンキングだとしたら、日常の暮らしから生じる「恨み」「憎しみ」「怒り」「不安」といったマイナスの感情を打ち消すことも、重要なポジティブ・シンキングとなるのだそうです。

「そうなりたい」ではなく、「そうなるためにはどうするべきか」を真剣に考えよ。
「そうなりたい」と漠然と臨んでいるだけではダメで、「そうなるためには、どうすればよいか?」ということを絶えず考えて、「そうなるため」の生き方をするだけなんだって。そうすれば、「当面何をするべきか?」「何から着手するべきか?」が、おぼろげなら見えてくるはずなんだって。
そればかりでなく、情熱と信念も心の底からみなぎるようになり、願望達成に向けての「やる気」も出てくるんだって。

マーフィーの法則に、『人生にはある偉大な法則が存在する。「切に望んだことは必ず実現する」という法則である。』というものがありますが、本当でしょうか?心の底からどれだけ真剣にそのことを願ったかということのようです。
振り返ってみて、私の人生で願いが叶ったことってどんなことがあったかな〜?
すぐに思い出せないけど、かなった願いはずっと真剣に思い続けたことだったのかな?

たった一度きりの人生だから、思い通りのことをやりぬき、おもしろい人生を送るためにも、いつも明るくプラスイメージを持ち続けようではないかって言われてもね〜〜。

人生を決定するものは、才能でなければ、環境や条件でもない。すべては、あなたの考え方、すなわち想念にかかっているのだってことなんだけどさ〜〜。

このことに目覚め、24時間、心の状態をできるだけポジティブに保つよう努めれば、あなたの人生(運命)は間違いなく好転していく。←ホントなの?

いわんや、願望は次々に達成され、成功と幸福を呼び込むことができ、真の自己実現が可能となるのである。←願望が次々と達成されて、ずーっと幸せな人って本当にいるの?

夢や希望を思うポジティブなパワー(想念)よりも、不安や心配を思うネガティブなパワー(想念)のほうが強いと、『恐れるものは現れる』というマーフィーの法則によって、その人が心配していたり、不安に思っていることが優先的に現象となって現れてしまうんだってさ。だから、現象や事実がどうであれ、その人の心の状態―考え方が重要なんだって。

良い事を思っても、良いことが起きないのはなぜ?
マーフィーの法則を実践して、「願望がなかった」「成功した」という人の話をあまり聞きません。それどころか、「効果がなかった」という人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか?ある調査では、日本の場合、成功者は3%にも満たないそうです。
では、マーフィーの法則はインチキなの?

マーフィーの著書の共通項を要約すると次のようになるそう。

・あなたの人生は、あなたの思い描いた通りに展開する。
・良いことを思えば良いことが起こる。悪いことを思えば悪いことが起こる。
・強く念じたことは、必ず実現する。
・良い現象を顕現させたいなら、潜在意識の力(作用)に目覚め、プラスの想念をインプットする必要がある。
・そのためには、心の状態をポジティブに保たなければならない。

つまり、マーフィーは、「人間の運命(人の一生)というものは、その人の考え方次第で(正確にいえば、その人の考え―指示によって作動を開始する潜在意識の働きによって)、良くも悪くもなる」と説いているそうだ。

世の中には、願望を次々と実現させ、幸福な人生を歩んでいる人がいる一方で、いくら頑張ってもいっこうに願望がかなわず、不幸な人生を歩んでいる人もいる。

いったい、この差はどこからくるのだろう?願望がかなう人とかなわない人に違いがあるとすれば、それは果たして何なのか?

「この潜在意識の力を上手に(正しい方向へ)活用すれば、運命・願望・富・健康を思いのままに操ることができ、幸福な人生が歩めるようになる」と、長年にわたって説いてきたのが、ジョセフ・マーフィーで、それがマーフィーの法則なんですね。今でも人気があるのでしょうか?一時のブームは去ったようにも思うけど・・・。

「願望がかなわない」「成功できない」「運がない」と嘆く人は、自分が望む方向へ、潜在意識の力を正しく活用していないだけのことなんだそうだが、本当にそうなのでしょうか?

私たちが毎日考えていること、思っていることは、想念として、絶え間なく潜在意識にインプットされているらしい。潜在意識にインプットされたものは、善悪を問わず、巨大な力を発揮して、私たちの人生に大きな影響を及ぼしているのだそうです。

これを言い換えると、願望を次から次へと実現させ、幸福な人生を歩んでいる人は、皆、この潜在意識の力を自分が望む方向へ上手に活用しているだけのことなんだって。

何だか気分が乗らないな〜。困ったな。また落ち込むのかな。
どうしたらいいんだろうね。何があれば毎日楽しくなるのかな。
っていうか、みんなそうなのかな?みんな同じなのかな?
誰でもいろいろあるよね。って言っても、私に何かあったわけじゃなく、すごく辛いことがあるわけじゃないだけどね。世の中にはもっと厳しい現実と闘っている人がたくさんいるんだろうけど、そんな人たちよりずっと楽なんだろうけど・・・。

お鍋の季節なので、タジン鍋料理を食べながら、桃色にごり酒なんかを飲みたいものです。このお酒はお花見なんかで飲むのにいいそうだけど、花見となると花粉症の人は辛いのかな?

花粉症対策おすすめグッズとしてテレビでやっていたのが、花粉ダブルブロッキングミストというもの。目もかゆくなるから大変だけど、レーシック手術 感染のニュースもひどい話だよね。

ひどい話といえば、ETC カルガモ走法というもの。映像を見たら笑っちゃったけどね。

笑っちゃったと言えば、ポテチの手というオモチャ。ゲームやパソコンしながら食べる人にはいいんだって。

パソコンと言うと最近よく聞くのですが、タブレット型端末とは何なのでしょう?

何なの?というものでは、ボラバイトとか寝GooSET(ネグセット)なんてものを今週はテレビで見ました。

テレビで見たと言えば、若い女の子の間ではウィッグ 通販が流行っているとか。

そう言えば、あの宝来麻紀子さんがプロゴルファーを目指すんだってね。


   


一つの恋が実って朱く熟すかげに

十も二十もの恋が青い実のまま落ちて

人知れず朽ちていくのが人生



カレンダ
2010年1月
         
22
           

アーカイブ
2009年 (5)
12月 (5)
2010年 (49)
1月 (5)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (3)
2011年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:3
累計:41,433